沿革・主要事業

1.沿革

当協会は、昭和22年5月に戦後の荒廃した経済情勢の中、新たな労働法制度の基での労働問題に対応する経営者の心構えを相互に啓蒙し、経営者の連帯と統一した意見を表明することを目的に、自主的な経営団体として設立された。現在65年の歴史を有する。
創立当時は、終戦直後の政治・経済が混乱した状況にあり、経営者は、激しい労働攻勢に直面し、全国各地で労働争議が頻発していた。
一方、地方経営者協会の全国組織となる日本経営者団体連盟(日経連)も、昭和23年4月に発足した。
また、当時は戦後の労働政策を決める、労働関係法が制定された時期でもあった。
①日本国憲法(公布21年、施行22年)
②労働組合法(施行20年、24年全面改正)
③労働関係調整法(施行21年)
④労働基準法(施行22年)
⑤職業安定法(施行22年)
⑥緊急失業対策法(施行24年)などが制定された。
以来、「人と経営」に関する問題を主軸に、人事・労務・経営の諸課題を専管とする経済団体として、幅広い活動を展開し、地域経済の発展に貢献してきている。
(平成14年5月に経団連と日経連が統合し日本経団連が発足した。当協会は、日本経団連の県内での唯一の地方組織である。)

2.業務

 人事・賃金・退職金・年金・労使関係・人材育成等の労務問題を主軸に、経済・経営・金融等幅広い分野にわたって事業活動を展開している。

3.会員

県内主要企業 210社

4.役員

会長、副会長(7名)、専務理事(1名)、理事(58名)、監事(3名)

歴代会長 初代会長 黒川 誠三郎氏(昭和22年~23年、セーレン)
  2代会長 酒井 正二氏(昭和24年~28年、酒伊繊維)
  3代会長 滝  清氏(昭和29年~32年、福染)
  4代会長 三谷 進氏(昭和33年~35年、敦賀セメント)
  5代会長 黒川 誠一氏(昭和36年~46年、セーレン)
  6代会長 酒井 秀雄氏(昭和47年~51年、酒伊繊維)
  7代会長 野坂 格氏(昭和52年~60年11月、福井経編)
  8代会長 武田 実氏(昭和60年12月~平成元年5月、武田機械)
  9代会長 荒井 由ニ氏(平成元年7月~平成8年5月、ケイテー)
  10代会長 勝倉  博嗣氏(平成8年6月~平成13年5月、カツクラ)
  11代会長 三谷 政敏氏(平成13年6月~平成18年4月、敦賀セメント)
  12代会長 川田 達男氏(平成18年6月~平成23年5月、セーレン)
  13代会長 山崎 幸雄氏(平成23年6月~平成29年5月、福井テレビ)
  14代会長 前田 征利氏(平成29年6月~、前田工繊)

5.組織

総会、理事会、正副会長会議、総務・労務対策・組織強化対策・教育対策の各委員会、各種協議会、 研究会

6.主要事業

インターンシップ(大学生・高校生)、高年齢者雇用対策、セミナー・研修会(労務・経理・営業・管理職等)、総会、正副会長会議、役員会、労使フォーラム、会員懇談会、地域別会員懇談会、各種調査(賃金改定、初任給、一時金等)、機関紙発行 等

7.事務局

専務理事、事務局長他

8.特色

(1)県内主要企業210社の異業種を構成員とする自主的経済団体。
(2)日本経団連、関西経営者協会等47都道府県の経営者協会が相互に情報交換を行い、連携して事業を実施。(日本経団連会員 約1,500社・団体)

福井県経営者協会

福井県経営者協会
〒918-8004
福井市西木田2-8-1
(福井商工会議所ビル7F)
TEL:0776-63-6201
FAX:0776-63-6202